前へ
次へ

薬の管理はおくすり手帳で行なう

医療機関で薬を処方してもらった場合、いつどこでどれだけの量を受け取ったのか、ということが分かっていたほうがよいです。
そのほうが自分自身も管理をしっかりと行なうことができます。
それだけではありません。
複数の医療機関を利用している場合、他の医療機関で処方をしてもらっている薬の情報を把握することができません。
それがおくすり手帳があることによって他の医療機関で処方をしてもらっている薬の情報をチェックすることが出来るので、飲み合わせに関する情報もすぐに分かるようになります。
他の医療機関でも同じような薬を処方してもらっているのに、再び同じような薬を処方してもらう必要はありません。
それもおくすり手帳をチェックすることが出来るようになるので、二重の処方を避けることもできます。
おくすり手帳を持つことは推奨されていますし、薬局でも購入をすることが出来るようになっているので、利用をしたほうが自分のためにもなります。

Page Top