前へ
次へ

医療費をできるだけ無駄にしないために

日本は医療費に潰されかかっている・・・細かな金額までは知らなくとも、そういった現状に陥っていることは誰しもが認識していることでしょう。
医療費を圧迫する原因として日本の高齢化がしばしば話題にあがりますが、ある程度は仕方が無いものですし、高齢になったから病院に行ってはいけないなど言ってしまえばそれこそ医療が意味を成さなくなってしまいます。
ですがこういった経験は無いでしょうか。
滅多にかからない風邪をひいてしまい、ふらつきながらも病院に行くと、待合室には数人の高齢者の姿があります。
治療を受けなければいけないような様子は見られず楽しげに会話をしており、病院に来た理由もお医者様との世間話・・・。
もちろんこれは酷い例ですし、各々理由はあるのでしょう。
確かに高齢になれば心の問題にも気を配る必要があるでしょうが、本当に病院に来るほどのものだったかは疑問が残ります。
現実問題として医療費はかさみ、もはや限界の所に来ています。
本当に必要な人に適切な医療を届けるためにも、一人一人がよく考えて行動する必要があるのではないでしょうか。

Page Top