前へ
次へ

ジェネリック医薬品で医療費の負担軽減

医療はサービスではありませんから、必ず医療費と言うものが発生しますが、出来れば少しでも負担を減らしたいと言うのは、国民の総意と言って良いでしょう。
所得や肉体的精神的な障害によって、国や地方自治体から受けられる軽減措置は、是非とも受けるのはまず第一前提ですが、もう一つ是非利用したいのがジェネリック医薬品です。
最近よく、テレビのCMや医療をテーマにしたテレビ番組などで採り上げられ、ジェネリック医薬品は馴染みのある言葉となりました。
しかしながら、名前には馴染みがあっても実際にはピンと来ないと言う人は、まだ多いという実情があります。
ジェネリック医薬品は後発医薬品の為、開発コストがかからない分新薬と同等の効果を持ちながら、新薬よりおよそ3割ほどは安いと言う特徴があります。
ジェネリック医薬品を利用する事で医療費負担が減ると共に、医療費の7割を負担する国の財政にとっても、是非とも利用するべきと言えます。

Page Top